「読んで、試して、集客に強くなる」最新の集客情報発信中!ネット・ホームページ・webを活用したネット集客からリアル店舗集客まで幅広く集客方法を解説しています。

Read Article

【起業アイデア】あなたの「え?そんなことも知らないの?」がお金になる!教育研修ビジネス

どの商品やどのサービスでも、習熟や技術レベルで段階を分けることが出来ると思います。
簡単に言えば、初心者向け、中級者向けなどのレベル分けが出来る商品やサービスのことです。

実は短期的に見ても長期的に見ても、世の中で一番買ってくれる商品やサービスというのは、初心者に向けた商品やサービスです。
そんなこと当たり前だろうとお思いの方もいらっしゃると思いますが、ビジネスをやっていると見えにくくなりませんか。

先日、地元の商工会議所の方とお話する機会があり、何かのセミナーが出来ないかとの話を受けました。
今流行りのスマホサイト関連か、LINE@関連の話でもしようかと思っていたのですが、最終的にしてもらいたいと言われたのが、「Facebookアカウントの取り方とFacebookページの作り方」を題材にセミナーをして欲しいと言われ、愕然としました。

個人的には、「え?そんなことも知らないの?」と驚かされました。
おそらく現在のインターネット普及とともに成長してきた世代から考えれば、facebookページの作成はまだしも、Facebookアカウントの取り方を教えてほしいと思う人はいないと思います。

あんなのクリックすればすぐできるでしょ?と考えると思います。
私も、そんな内容をセミナーでやっても人が集まるの?と瞬間的に思ってしまったことは、今は本当に反省しています。

今すぐ客ばかりに目を向けるな

いわゆる初心者向けのターゲット層が一番ビジネスになることを理解していますが、そのビジネスを続けていると、いつの間にか少しは知っているレベル、つまり初心者以上中級者未満程度のターゲットか中級者レベルがメインの顧客になってしまうことがあります。

理由として、そのレベルが今すぐ客になりやすいからです。
商品やサービスを適正な価格で買ってもらうには、その商品やサービスについて最低限の知識を持っていることが前提となります。
つまり、購入するかしないかの判断が出来るレベルには達している必要があるということです。

逆に全く何も知らないと言う人が、それに関する商品やサービスをいきなりある程度の料金で買うことはまれです。
その商品やサービスが、自分の欲求を満たすことが可能なのか、その価値があるのかということがわからないからです。

よく言われるのが、今すぐ客と見込み客の違いというものです。
「今すぐ客」=その商品やサービスの必要性を感じるレベルの知識がある人
「見込み客」=まだ興味のある段階で知識レベルは低い

例えば、Facebookページの運用コンサルティングを売りたいのであれば、
「今すぐ客」=既にFacebookページを持っているが運用がうまくいっていないターゲットか、個人アカウントでの運用歴があり、これからFacebookページに取り組もうと思っている人たち
「見込み客」=Facebookはビジネスに使えると言う話は聞くが、まだアカウントも取っていない、もしくは過去に取ったまま放置している人たち
と分かれます。

「今すぐ客」は当然ながら、Facebookページの運用コンサルティングを売りたいと思っている企業やコンサルタントとの取り合いになります。
今すぐに買ってくれる人たちを放置する企業なんてありえませんから。
そのため、ビジネスを続けるとどうしても、このターゲット層に注目しがちになります。

でも本当は競合の少ない「見込み客」の人たちが長期的な目線で見れば一番お金を生みます。
マーケティングでもよく言われることですが、見込み客をいかに集めて、いかに自分の商品やサービスを買ってくれるレベルまで育てるかが安定的な利益を生み出すと。
先日セミナーの話が出た時の私の目には「今すぐ客」しか見えていなかったと反省しています。

初心者と言われる人たちを「見込み客」ではなく「今すぐ客」に変えるビジネス

上記では、初心者と言われる人たちは、「見込み客」で、「今すぐ客」にするには教育が必要になるとお話しましたが、その教育自体をビジネス化してしまえば、初心者と言われる方が「今すぐ客」に変化します。

身近な例を言うと、就活セミナーや就活研修現場では、社会人としては「え?そんなことも知らないの?」というような情報であっても、社会人経験もなく、就活に不安を持つ学生にとっては、お金をだして教育を受ける価値がある情報になります。
(もちろん、それ以外のノウハウも教えているのでしょうが)一般的な社会人としては当たり前という情報が、ターゲットを絞り教育ビジネス化することで売れるのです。

似たようなビジネスであれば、農業を始めたい人向けセミナーや研修もそれに近いですね。
セミナーを主催する既に長い経営実績の持つ農家の方が「「農業の開業ノウハウ」を、農業をしたことがない個人に対してビジネスとして売るのですが、既に農業を行っているその分野の人間からすると、種の選び方から、土のいじり方、出荷契約の仕方など、まさに「え?そんなことも知らないの?」というような当たり前のことを情報として売っています。

あらゆるビジネスにおいて、あなたの「え?そんなことも知らないの?」と思うような情報は、初心者の方にとっては「今すぐ」お金を出してでも知りたいと情報にすることが可能です。

しかも、この教育・研修としてのビジネス化は、現在行っているビジネスの延長線で行うことが可能です。
例えば、現在、社労士事務所を運営している方でしたら、「社労士試験合格者向けに行う開業ノウハウセミナー」や、飲食店であれば「飲食店を始める方向け開業セミナー」など現在経営している経験を情報として販売することも充分可能です。

もし、今後あなたが、「え?そんなことも知らないの?」と思うような時があれば、それがビジネスチャンスです。
是非、その情報をビジネス化できないかを検討しましょう。

最後に

あなたが「え?そんなことも知らないの?」と思ってしまう人たちは、「見込み客」にも「今すぐ客」にもなりうる一番ビジネス化させやすい人たちです。
ついつい忘れがちになりますので、私の反省を込めて今回記事とさせて頂きます。

集客情報サイトやメールセミナーに参加した事がきっかけで、集客が出来るようになる人は多いものです。色々な情報サイトやメールセミナーがありますが、私がオススメできるメールセミナーは以下です。

お名前:姓と名はスペースで区切ってください
E-mail :

空メール登録ができます

ネット集客メールセミナーは空メール登録が出来ます。
下の「空メール登録」を押すとご利用のメールソフトが起動しますので、 空メールを送信してください。

※件名にはお名前を指定することができます。
※お名前を入力する場合は、姓と名はスペースで区切ってください。
※宛先、本文(ms_mid:ch_semi)は変更せずにそのまま送信してください。