「読んで、試して、集客に強くなる」最新の集客情報発信中!ネット・ホームページ・webを活用したネット集客からリアル店舗集客まで幅広く集客方法を解説しています。

Read Article

【YDNが苦手な方必読】「サーチターゲティング(Yahoo!)」を設定しよう

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は使われていますか?

スポンサードサーチの利用はしているけど、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は使っていないなあ・・・という経営者の方は、非常にもったいないですよ!

2013年8月19日からYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に新たに加わった広告掲載方式「サーチターゲティング」によって、あなたの商品・サービスに強い関心を持つユーザーを漏れなく集客することが可能になりました。

スポンサードサーチの利用は多いがYDNを利用している企業はそれほど多くない

現在、Yahoo!プロモーション広告では、大きく「検索連動型広告スポンサードサーチ」及び「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の2種類の広告配信が可能です。

「検索連動型広告スポンサードサーチ」は、皆さんが一番イメージしやすいPPC広告の一つで、一番利用が多い広告でもあります。

ヤフー検索でキーワードを入れてクリックすると、検索結果が出てくると思いますが、その検索結果の上や右に表示されている広告枠が「検索連動型広告スポンサードサーチ」となります。
検索結果に併せて表示されているので、スポンサードサーチを利用されたことがない方も必ず見たことがあるかと思います。

もう一つの「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」とは、Yahoo!JAPANや主要提携サイトのコンテンツページに広告を配信するサービスです。

Yahoo!ニュースなどのページを見ていると、以下の画像のように欄外に広告が表示されていると思います。
これがYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告枠です。

PPC広告を運用している企業様の中には、このYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の利用を避けられている会社様も多いと思います。

避けられている理由として、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、売ろうとしている商品やサービスに直接的関心のない方や顧客になりそうにもない方も含め、広く浅く大量に広告が表示されることにあります。

スポンサードサーチは、検索結果に併せて表示されますので、検索キーワードを指定することによって、興味関心度の高いユーザーに対してダイレクトに広告を表示させることが出来ます。

その点、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の場合は、ユーザーがどのコンテンツページを見ているかによってある程度の興味関心を絞ることが出来ますが、検索キーワードに連動させるほどには、具体的にターゲットを絞れません。

例えば、スポンサードサーチであれば、「トヨタクラウン」という検索キーワードで検索しているユーザーに対してダイレクトに広告を訴えることができます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の場合は、Yahoo!で車のスペック情報を見ている人がいれば、新車購入を勧める広告を表示させるところまでは指定できますが、既に持っている車の情報を調べているのか、それとも購入を検討しているかまではわからないので、関心度の低い高いユーザー全て含んで広告を打つことになります。

そのため、広告の無駄打ち=コンバージョンが下がるので、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は利用していないという企業様が多くいらっしゃいます。

確かにダイレクトマーケティングにおいては、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は使い辛いというところはありますが、そもそも論として、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は大量のインプレッション、広告を大量に露出することがメインの広告枠です。

それぞれに一長一短があり、PPC広告運用において両方運営していくことが効果的です。

YDNの利用が苦手な方に朗報!サーチターゲティングはいいとこ取り

今まで、直接的なキーワードを指定できなかったYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)ですが、新たに加わった広告掲載方式「サーチターゲティング」では、検索した履歴をもとに広告を配信することが出来ます。

例えば、過去に「整骨院 渋谷」で検索していたユーザーに対して、広告を表示させることが可能です。

今までは

サーチターゲティングを利用すると

サーチターゲティングは、スポンサードサーチの補完的な役割を担う意味合いがありますが、重要なことは、「あなたのサイトへ一度もアクセスしていないユーザーであっても狙ったキーワードで広告配信が出来る」ことなのです。

インターネット広告のポイントは、ターゲットユーザーに広告を表示させ、逆にターゲットユーザー以外には極力広告を表示させないことです。

スポンサードサーチは広告の無駄打ちが少ないというメリットがありますが、広告の露出回数が少なく、またワンクリックあたりの広告単価が高いというデメリットがあります。

逆にYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、広告の露出が多くなり、またワンクリックあたりの広告単価は低く抑えることが出来るというメリットがありますが、直接的な関心を持たないユーザーにも配信されますので広告の無駄打ちが多いと言うデメリットがありました。

しかしながら、今回のサーチターゲティングは、その両方のメリットを持つデメリットが少ない広告となります。

サーチターゲティングはYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で配信されますので、広告の露出が多く、ワンクリックあたりの広告単価は低くなります。
また、今まで出来なかったキーワード単位でのターゲットの絞り込みが可能ですので、直接的に関心を持つユーザーのみに配信も可能です。

まさにダイレクトマーケティング広告として「いいとこ取りな」PPC広告が、サーチターゲティングになります。

2013年8月に開始したばかりなので、まだまだライバルは多くはありません、利用されていない経営者様はこの機会に苦手はYDNを是非活用してください。

「スポンサードサーチ」「サーチターゲティング」「リターゲティング」で囲い込め!

実際に我々でも運用していますが、「スポンサードサーチ」「サーチターゲティング(YDN)」「リターゲティング(YDN)※」の3つの運用をすることで、直接的な関心を持つユーザーの囲い込みが可能です。
リターゲティングの参考記事「リターゲティング広告を利用しよう!その1(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN))

資金の少ない中小企業様こそ、「スポンサードサーチ」「サーチターゲティング(YDN)」「リターゲティング(YDN)」の3つの運用を行い、広告費用の削減及び広告インプレッションの拡大を実現させましょう。

集客情報サイトやメールセミナーに参加した事がきっかけで、集客が出来るようになる人は多いものです。色々な情報サイトやメールセミナーがありますが、私がオススメできるメールセミナーは以下です。

お名前:姓と名はスペースで区切ってください
E-mail :

空メール登録ができます

ネット集客メールセミナーは空メール登録が出来ます。
下の「空メール登録」を押すとご利用のメールソフトが起動しますので、 空メールを送信してください。

※件名にはお名前を指定することができます。
※お名前を入力する場合は、姓と名はスペースで区切ってください。
※宛先、本文(ms_mid:ch_semi)は変更せずにそのまま送信してください。