「読んで、試して、集客に強くなる」最新の集客情報発信中!ネット・ホームページ・webを活用したネット集客からリアル店舗集客まで幅広く集客方法を解説しています。

Read Article

【UniversalAnalytics対応】Googleアナリティクスで検索順位を調査する方法

GoogleAnalyticsグーグルアナリティクスのイベントトラッキングを利用して、キーワードの検索順位を計測する方法をお伝えします。
2013年3月から公開されているUniversalAnalyticsに対応しておりますので参考にしてください。

この記事の内容は、海外SEO情報ブログ「Googleアナリティクスのイベントトラッキングで検索順位を調べる方法」を元として、UniversalAnalyticsに対応させています。
元の記事のコードでは、新しくなったGoogleアナリティクス(UniversalAnalytics)のanalytics.jsコードの検索順位を計測する事は出来ませんのでご注意ください。
逆にGoogleアナリティクスの従来型 ga.jsコードを利用されている方は、上記のソース元の記事のコードを利用してください。

2013年3月以降に、新たなアカウントもしくはプロパティを作成した方は、新しいanalytics.jsコードとなっていると思います(2013年3月以降は新しいanalytics.jsコードか従来型のga.jsコードで作成するかどうかを選択できます)
2013年3月以前に作成したアカウントもしくはプロパティの場合は、従来型ga.jsコードとなっています。

新しいanalytics.jsコードと従来型ga.jsコードの違い

従来型ga.jsコード

tra01
上記コードだった場合は、海外SEO情報ブログに掲載されているコードを利用してください。

新しいanalytics.jsコード(UniversalAnalytics)

tra02
上記コードの場合は、この記事に掲載されているコードを利用してください。

UniversalAnalyticsでキーワードの検索順位を計測するコードの設置方法

以下のコードをheadセクションに挿入します。

<script type="text/javascript">
if (document.referrer.match(/google\.(com|co\.jp)/gi) && document.referrer.match(/cd/gi)) {
  var myString = document.referrer;
  var r        = myString.match(/cd=(.*?)&/);
  var rank     = parseInt(r[1]);
  var kw       = myString.match(/q=(.*?)&/);
  
  if (kw[1].length > 0) {
    var keyWord  = decodeURI(kw[1]);
  } else {
    keyWord = "(not provided)";
  }

  var p        = document.location.pathname;
  ga('send', 'event', 'RankTracker', keyWord, p, rank, true);
}
</script>

※Googleアナリティクスのトラッキングコードの直下に置くことお勧めします。

アクセスのカウントが始まるとGoogleアナリティクス上でキーワードの検索順位を確認することができます。
「コンテンツ」→「イベント」→「上位のイベント」→「RankTracker」で表示されますので確認してみてください。

計測した順位は今後のキーワード戦略に利用する

計測した順位は、今後のキーワード戦略に利用出来ます。

海外SEO情報ブログでも書いてありますが、セカンダリディメンションに「ランディングページ」を指定してどのページがキーワードの何位かを調べるようにてください。
数が多い場合は、一覧表をエクスポートすると便利です。

エクスポートの仕方

tra03
セカンダリディメンションに「ランディングページ」を指定した画面の状態で、上部の「エクスポート」からExcel(XLSX)形式でファイルをエクスポートしてください。
※文字化けするようでしたら、tsv(Excel)形式でエクスポートをお勧めします。

一覧表でチェックしてもらいたいのは、順位が5位以降20位以内にあって、イベント数がある程度あるキーワードです。
※現時点で、5位以内の高順位にあるキーワードは特に対策不要です。

順位が5位以降20位以内にあって、イベント数がある程度多いキーワードのランディングページに対してSEO対策を行います。
順位が5位以降にあるにもかかわらず、イベント数がある程度多いキーワードの順位を、例えば、10位だったものを5位以内に上げるだけで、アクセス数は数倍から数十倍に増えます。

着実に選んだキーワードの順位を上げていけば、サイト全体のアクセス数も伸びていきます。

順位が5位以降20位以内にあるキーワードは、SEO対策が良く効きます。
既にある程度の順位をキープしているキーワードは、SEO対策を行うと素直に上昇することが多いので、キーワード戦略上の優先的なキーワードと言えます。
失敗の少ない効率的なSEO対策とも言えますので、是非「RankTracker」を利用したキーワード戦略に取り組んでください。

集客情報サイトやメールセミナーに参加した事がきっかけで、集客が出来るようになる人は多いものです。色々な情報サイトやメールセミナーがありますが、私がオススメできるメールセミナーは以下です。

お名前:姓と名はスペースで区切ってください
E-mail :

空メール登録ができます

ネット集客メールセミナーは空メール登録が出来ます。
下の「空メール登録」を押すとご利用のメールソフトが起動しますので、 空メールを送信してください。

※件名にはお名前を指定することができます。
※お名前を入力する場合は、姓と名はスペースで区切ってください。
※宛先、本文(ms_mid:ch_semi)は変更せずにそのまま送信してください。